スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学時代の音楽生活 

前々回の記事の続きになります。

とりあえず手元にあったバンドスコアが最近復活した ユニコーン のベストアルバムのバンドスコアでした。
もちろん最初から上手くなんて弾けるわけもなく 3ヶ月程度でギターも飽きてしまいました。
時は経ち 中学に入るとこれまで音楽に興味がなかった友人もギターを始めたりなんだりで
負ける訳にはいかない状況になってきました。
とりあえず手元にあるバンドスコアは全曲コピー(ユニコーン)
周りの友達はZIGGYだっけ?をコピーしてる奴らが多かったので
僕はXJAPANのコピーに乗り出しました。
この選択が後に他の人と差をつけることになったのである。
はっきりいってめっちゃ難しかったです。
イントロはなんとかコピーできたので、しばらくはいろいろな曲のイントロだけをコピーする日々が続きましたね。
とりあえずXJAPANのテンポにもなれてきたので バラード曲のギターソロにチャレンジしてみたところ、あっさりコピーできました。 調子にのって他のバラードも全曲コピー。
言うまでもなくコピー完了=上手く弾けてるわけではありません。
バラードやテンポの遅いギターソロほど テクニックが要求されます。
中学のはなたれ小僧がテクニックを持ち合わせてるわけがありません。
そんな感じで激しい曲 「紅」 などのコピーもどんどんやっていきました。

中学3年の頃 「誰が一番上手いんだ?!」 とゆー話題になり
金持ち坊ちゃんの友人宅(家でかい)にギタリストが集結しました。
それでも10人くらいですけどねw

上手い下手はどーかわかりませんが、他の友人とは格段の差がありましたね。
速い曲をやっていた3人(私含めて)は余裕があるんですね
しかし他は力が入った演奏しかできていない =余裕がないんです
勿論小指なんて使えてる人はいませんでしたしねw
そんな感じで中学時代は3トップで歩み続けました。

現在そのうちの一人はプロミュージシャンの機材アシスタント 音作り系の仕事に携わってるらしいです。

続きはまた今度。
 

スポンサーサイト

ギターの歩み 

おひさしぶりです。
最近資格取得の為猛勉強していた田中です。
だいぶ頭に知識が詰まったのでもう大丈夫。

今日は僕の昔話でもしようかと思います。
僕は音楽が非常に大好物。
どんなジャンルでも曲の構成など深く考えます。
もちろん演歌に至っても同様です。

そんな大好きな音楽にいつ頃から興味を持ち始めたかというと・・

小学校低学年で 「替え歌メドレー」にはまる。
これは嘉門タツオ氏が色々なミュージシャンの曲を
オリジナルに作詞し、笑いを取るというジャンルです。
小学校3年生まではまってました。

その次にBz チャゲ&アスカにはまる。
当時の日本でスタンダードなロックとJpopだったと思います。

そんな中何気なくMステを見たら今まで聴いたこともない音楽が・・
コスチュームもなんと言い表せばいいのか・・
髪は爆発してるし皆金髪・・

そう XJAPAN ですね。

彼らに物凄く刺激を受けてCDは次の日に購入してきた記憶があります。
その時のMステはビデオに録画していたので
何十回も見た覚えがあります。
特にギタリストのHIDE氏がかっこよくて仕方なかった。

そんな日々を繰り返してると
2歳年上の兄が なにやら怪しい大きな物を持ち帰ってきました。
ケースに入っていたので 最初はなんなのかさっぱりわかりませんでした。

そしたらいきなり家中に爆音が響きました。

「ズジャジャーン!!ジャンジャンジャカジャカジャーーーン!!」

びっくりして部屋を見に行くと
兄がエレキギターを弾いていました。

布袋モデルのギターでけっこーお高い物を
友人から借りてきたとの事でした。

ここから僕の音楽人生が始まったと言っても良い位ですね。
中学生の兄は帰宅が遅いので
僕が学校から帰宅したら 即ギターを弾いて兄が帰宅するまで
ギタリストの真似事をやってました。

そんな中バンドスコアという物の存在に気づき
本格的に曲のコピーに挑戦。

と 今日はここまで
書くのが面倒になってきた



GT-8 の威力 

田中です。
最近はSOWも殆どINせず
ギターに没頭しております。

何日か前にも紹介したように
マルチエフェクターを購入したため
音作りが楽しくてしかたありません。

最初の3日位は
なかなか思い通りの音が出てくれず
ANP側の固定した設定決めに
えらい苦労しました。

現在2本のギターを使用しているのですが
けっこー性格の違うギターのため
ここでもANPの設定に苦戦しました。

一方のギターでは良い音が出る
しかしもう一方のギターではイマイチ・・

こんな事を繰り返すうちに
目標の音に近づいていきます。

いよいよ本格的に
エフェクト機能を使い始める訳ですが

ディストーション 若しくは OD と EQのみでも
凄まじい音が出た事に驚きました。

そこにPREAMPを使ってやると
また凄い。

レビューでは賛否両論でしたが
使いこなせない人には 
全く実用性のない機材かと思います。

EQでは 高音域 高中音域 中高音域・・
と 非常に細かく設定出来るうえ
サブEQなる機能も搭載しているため
メインEQと併用して
かなりシビアな音作りが可能です。

そこにPREAMPと歪系で更に細かく
いじくってやると・・

もはや作れない音はないのでは?
と 僕は思ってしまいましたよ・・

GT8
    

初マルチエフェクター 

どーもこんばんわ田中です。
今日はギターの話をちょっとしようかと思います。

ギターを弾く際に使用する物の一つとして
エフェクターというものがあります。

何に使うのかというと
自分の想い通りの 「音」 を作る為に使用する
と言えばわかりやすいと思います。

好きなアーティストの音を真似する
あんな音を出したい

こんなギタリストの想いを エフェクターは
設定次第で可能にしてくれます。

そのエフェクターの中でもマルチエフェクター
というものがあり

一つの機械の中に数十種類のエフェクトや
アンプモデリング機能などを搭載してる物があります。

本日僕はこのマルチエフェクターを購入しました。

今までもエフェクターは所有していましたが
コンパクトエフェクターという
一つの機械に1種類の音しか入っていない
タイプの物を使用してました。

本日購入した物は、数年前に発売されて
世界中でそこそこ売れた
BOSS GT-8 というものです。




僕は自分がコピーしてる曲の
アーティストと そこそこ音が似てないと
モチベーションが上がらないという性格なため
最近は音作りに限界を感じていました。

そこで今日買い物に行った際に
格安で売ってるのを見てしまい
衝動買いしてしまいました・・orz

操作方法がかなり複雑なのですが
昔友達から借りたマルチエフェクターと
使用方法が似ていたので、僕はなんなく使えました。
レビューでは操作方法に不満を感じる人が多いみたいです・・;

BOOS社のディストーションは昔から嫌いだったのですが
このGT8は実に素晴らしい音を出してくれます。

音痩せも全く感じられず、想い通りの音を作る事ができます。

型式は最新の物ではありませんが
格安購入、自宅のみでの使用等を考えれば
非常に満足のいくエフェクターですb

音一つでワクワクさせてくれるって凄いですね。
音に負けないよう、技術も磨いていこう!

ギター野郎 

こんにちは 田中君です。
今日は僕が使っているギターを載せてみました。
音楽に詳しい人ならわかると思うけど

schecter(シェクター)というメーカーのギター使ってます。
ピックアップはフロントリア共にSeymour Duncan搭載
メタルにもってこいのギターです。



このギターにVOXの真空管アンプをぶっ刺してます。
エフェクターは現在グライコのみ
なんともヘヴィーな音が鳴ってくれます。

録音撮影機器が充実していればYouTubeに投稿したいと思ってるんですが
レコーディング機材とかもそれなりのお値段するんすよ。

YouTubeとかに動画載せてる人ってどーやって録音してるんだろ;
多少の違いがあるとは思うけど殆ど生音に近いイイ音鳴ってる

後昨日いきなりいなくなってごめんなさいww
寝てました(;´∀`)

今日はまた夜勤なので夜のINはきびしいっすねぇ

んじゃノシ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。